第5回世界大学野球選手権が30日開幕した。1次リーグB組で日本は韓国と対戦、4-0で快勝した。今日は神宮球場で6時から日本対中国戦が行われ、15-0で快勝した。

2010年07月31日 18:13

2010_07317月5土0001
市ヶ谷の外濠には釣り堀があります。けっこう賑わっています。

2010_07317月5土0002
外苑のイチョウ並木です。

2010_07317月5土0007
建設中のスカイツリーが400メートルを超えたそうだ。これは錦糸町駅から撮ったものです。

2010_07317月5土riho0002
久しぶりで東京のお客様が見えた。Rさんは3歳になったばかり。ジェルペットになりすましてご機嫌だ。

2010_07317月5土riho0008
なんとも可愛いですね。

第5回世界大学野球選手権が30日開幕した。1次リーグB組で日本は韓国と対戦、4-0で快勝した。今日は神宮球場で6時から日本対中国戦が行われ、15-0で快勝した。世界大学野球選手権戦は2年に1度行われる。今回は8カ国・地域が参加し、A、B組に分かれて、各組の順位によって準々決勝の組み合わせが決まる。
市ヶ谷では釣り堀に釣り糸を垂れている人たちがいた。外堀の木陰で一人のんびりと釣っている人もいた。なにが釣れるのだろうか。
信濃町を降りると、屋外スピーカーからは、大雨洪水警報のお知らせが流れていた。お天気は不安定で空はどんよりと曇り、時折ぽつりぽつりと雨粒が落ちてきた。外苑では汗びっしょりになって速歩を楽しんでいるご夫人もいた。犬を自転車の籠に載せて走っている夫人もいた。イチョウ並木はこんもりと生い茂っている。明治天皇が観兵式に臨んだという場所も解放されていた。

今日は第5週の金曜日で「みんなで囲碁入門」があった。参加者は数人と少なかったが、少しずつ囲碁ファンは増えている。日本人の中で囲碁をたしなまない人は1億人くらいはいるのだろうから、こんなに小さい規模でも数千万回「みんなで囲碁入門」をすれば、全国民に日本の伝統文化・囲碁を届けることが出来るのだろう。

2010年07月30日 20:15

2010_07307月5金0009
船橋のKさんが珍しい花を持ってきてくれました。アメリカリョーブ。タニワタリ。ミナズキ。

2010_07307月5金0012


2010_07307月5金0002

今日は第5週の金曜日で「みんなで囲碁入門」があった。参加者は数人と少なかったが、少しずつ囲碁ファンは増えている。日本人の中で囲碁をたしなまない人は、おそらく1億人くらいはいるのだろう。こんな規模でも数千万回「みんなで囲碁入門」をすれば、全国民に日本の伝統文化・囲碁を届けることが出来るのだろう。なんだか気が遠くなりそうだ。

津田沼囲碁クラブは「みんなで囲碁入門」を午前中と夕方開いた。先生も準備万端で臨んだ。参加者は6名ほどで、中身が濃い教室となったようだ。

2010年07月29日 19:02

2010_07287月4水0005
里芋が元気です。

2010_07297月5木0003
中級囲碁教室(小野寺先生)の皆さんが見えた。第5週で囲碁教室はなかったが、対局をして楽しんでいた。


久しぶりにお湿りがあった。気温も少し下がったようだ。お天気が変わりやすいせいか風が強かった。
朝のうち自転車で郵便局に「簡易書留」の郵便物を取りに行った。強風で小雨だったが、傘をささずに行った。通知と印鑑は持って行ったが、身分証明書を忘れてしまった。寝起きで少しばかり寝ぼけていたのだろう。
「事故も多いので、身分証明がないとお渡し出来ません」
すごすごと帰ってきた。交差点を渡る時、ブッブゥーと警笛を鳴らされた。おそらく自転車の運転も少しボケていたのかもしれない。自転車はかなり注意しないと危ないぞ、と感じた。
津田沼囲碁クラブは「みんなで囲碁入門」を午前中と夕方開いた。先生も準備万端で臨んだ。参加者は6名ほどで、中身が濃い教室となったようだ。初めての囲碁との出会いで、囲碁を始めるきっかけが出来たと思うので、これからが楽しみだ。

日本棋院のホームぺージによると、第34回文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権大会が行われた。女子個人戦では呉理沙さん(千葉・東葉高)が優勝した。千葉県勢の優勝は初めてだそうだ。

2010年07月28日 19:51

2010_07287月4水0002
スイレンが咲いています。

2010_07287月4水0001
今頃いるのは何でしょうか。君たちは留鳥になったんですか。

2010_07287月4水0004
稲田が青々としています。

2010_07287月4水0006
パークゴルフが盛んなようです。朝早くから集まっています。熱射病には気を付けてください。

2010_07287月4水0008
実籾本郷の谷津です。緑が多いですね。

2010_07287月4水0010
サルスベリです。ノッポになりました。

第34回文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権大会が行われ、女子個人戦では呉理沙さん(千葉・東葉高)が優勝した。千葉県勢の優勝は初めて。
呉さんおめでとうございます。
男子個人は大谷直輝さん(京都・桃山高)が2年連続の優勝。
男子団体戦は 優勝  西京高等学校 ( 京都 )。 女子団体は優勝  洛北高等学校 ( 京都 )。

日本人の平均寿命が最高を更新した。厚生省労働局が公表した「簡易生命表」によると、2009年の平均寿命は女性が86.44歳、男子が79.59歳。いずれも4年連続で過去最高を更新した。

2010年07月27日 19:01

2010_07277月4火0003
堀江先生の「初段突破教室」です。人気があります。

2010_07277月4火0006
スカシユリ、トルコキキョウなど雰囲気があっています。

2010_07277月4火0009
JR津田沼南口ロータリーです。千葉工大やモリシア津田沼が見えます。

2010_07277月4火0015
鈴木さんが丹精したヒマワリです。元気いっぱいです。白江治彦八段特別囲碁教室の案内も見えます。

2010_07277月4火0023
同じフロアにある「ポポンテッタ」で列車の運転を楽しんでいるK君です。スピードを出し過ぎると、脱線するようです。何と言っても安全運転が第一ですね。

日本人の平均寿命が最高を更新した。厚生省労働局が公表した「簡易生命表」によると、2009年の平均寿命は女性が86.44歳、男子が79.59歳。いずれも4年連続で過去最高を更新した。女性は25年連続第一位。男子は0.30歳延びたものの、08年の第4位から第5位に順位を下げた。4位から順位を下げたのは36年ぶり。男女の差は6.89歳となり、昨年より0.09歳広がった。女性は日本が第一位、第二位が香港、第三位はフランス、第四位はスイス、第五位はスペイン。男子は1位、カタール、2位香港、3位アイスランド、スイス、5位日本。世界的に女性の方が寿命が長いようだ。
さすがに「大暑」が続いている。囲碁クラブは避暑には最適なようで、連日混んでいる。涼しい中での囲碁三昧は最高でしょう。対局後のおしゃべりもはずんでいる。このおしゃべりが、またいいのだろうと思う。NET対局ではとても味わえないものでしょう。対面対局で囲碁の醍醐味を味わってください。

朝日新聞によると、「中国常徳杯・世界囲碁名人争覇戦」(人民日報社、中国囲棋協会主催、朝日新聞社後援)の第2戦は25日、中国湖南省常徳市で打たれた。中国の古力名人が日本の井山裕太名人に白番4目半勝ちした。これで井山名人の敗退が決定した。

2010年07月26日 20:41

2010_07267月40004
ブログを書いている時、囲碁教室の生徒さんたちが大原囲碁文庫の本棚に、本を探しに来た。
「すみませんが、この花の名前を教えてもらえませんか?」
「ハイビスカスかしら。わたしのお母さんがよく知っているんですが」
「それじゃあ、来週まで待ちますか」
「ブログ見ていますよ。花が多いですね」

2010_07267月40005
キョウチクトウが元気です。

2010_07267月40007
カスミソウ、トルコキキョウ、それにデンファレでしょうか。

2010_07267月40009
李先生の「実戦囲碁教室」です。

2010_07267月40014


2010_07267月40003
シシトウでしょうか。

朝日新聞によると、「中国常徳杯・世界囲碁名人争覇戦」(人民日報社、中国囲棋協会主催、朝日新聞社後援)の第2戦は25日、中国湖南省常徳市で打たれた。中国の古力名人が日本の井山裕太名人に白番4目半勝ちした。これで井山名人の敗退が決定した。最強名人の座をかけた決勝戦は、古名人と韓国の李昌鎬名人の組み合わせとなった。
井山・古力戦は 李先生と、中国のNETで見ていた。攻勢に立った黒番・井山名人が優勢と思っていた。中盤に古力名人が長考に入った時、次の一手はここではないかと予想したりした。この時古力名人は読み切ったのだろうか。井山名人は終盤に精彩を欠いて逆転負けにした。惜しかった一戦だった。国際棋戦で日本は負け続けで、この辺で溜飲を下げたいものだと、心待ちにしていたのだが、残念だった。
井山名人は、「途中までは僕のほうが形勢が良かったと思う。決め手もあったはずだが、秒読みになってから何度もミスをしてしまった。実力が足りなかった」と振り返ったと、話したそうです。日本が元気になるのにはどうしたらいいだろうか。

納涼囲碁大会の模様です。8月は「秋の風囲碁大会」(8月29日1時から)です。みなさん楽しく打っていますよ。

2010年07月25日 18:58

2010_07257月4日納涼囲碁大会0004
花屋さんの前にはもうアサガオが咲いていました。

2010_07257月4日納涼囲碁大会0007
「楽市マーケット」でライブでした。

2010_07257月4日納涼囲碁大会0009
サルスベリは文化ホール前にありました。元気ですね。

2010_07257月4日納涼囲碁大会0014
納涼囲碁大会の模様です。8月は「秋の風囲碁大会」(8月29日1時から)です。みなさん楽しく打っていますよ。

2010_07257月4日納涼囲碁大会0015
こんな暑い日は囲碁クラブで避暑がいいでしょう。

2010_07257月4日納涼囲碁大会0002
カタバミが元気に咲いています。羨ましいですね。

今日から日本、中国、韓国の名人が対決する。今日の朝日新聞によると、タイトル名は「中国常徳杯・世界囲碁名人争覇戦」(主催・人民日報社、中国囲棋協会、後援朝日新聞社)、第1戦が今日、中国湖南省常徳市で打たれる。

2010年07月24日 16:58

2010_07247月4土0005
ツバクロが巣からのぞいています。

2010_07247月4土0010
第92回全国高校野球選手権千葉県大会の準決勝でした。

2010_07247月4土0015
津田沼公園では楽市マーケットです。弾き語りのコンサートもありました。

2010_07247月4土0017
25日1時から「納涼大会」です。どうぞ参加してください。

2010_07247月4土0003
サルスベリが咲いています。

今日から日本、中国、韓国の名人が対決する。今日の朝日新聞によると、タイトル名は「中国常徳杯・世界囲碁名人争覇戦」(主催・人民日報社、中国囲棋協会、後援朝日新聞社)、第1戦が今日、中国湖南省常徳市で打たれる。3か国の名人が争う棋戦は初めてだそうだ。日本から参加する井山裕太名人が最年少(21歳)、中国は古力名人(27歳)韓国は李昌鎬(イーチャンホ)名人(34歳)の3人で、最強名人の座をかけて争う。第1戦は24日、古力名人が李昌鎬名人と戦う。第2戦はこの敗者と井山名人が戦う。第1戦の勝者と第2戦の勝者が決勝戦を戦い、勝者が優勝となる。優勝賞金は30万元(約400万円)
古力名人と李昌鎬名人は国際大会で何度も優勝している。李名人は1992年に世界タイトルを取って以来、古力名人は世界最強の一人に数えられ、昨年は世界の囲碁棋士の中で最多となる3つの世界タイトルを獲得した。

津田沼囲碁クラブでは、今度の日曜日(25日1時から)「納涼囲碁大会」です。どうぞ参加してください。今日は二十四節季の「大暑」です。文字通り猛暑でした。外を歩いていると、暑くて頭がくらくらしてきました。

2010年07月23日 19:55

2010_07237月4金0007
ペンタスが元気です。

2010_07237月4金0006
李先生の「総合囲碁教室Ⅱ」です。

津田沼囲碁クラブでは、今度の日曜日1時から「納涼囲碁大会」です。どうぞ参加してください。
今日は二十四節季の「大暑」です。文字通り猛暑でした。外を歩いていると、暑くて頭がくらくらしてきました。

猛暑日が続いている。熱帯夜で寝苦しい。体調も狂いがちだ。こんな時は美味しい鰻でも食べられると元気も出るのだろう。

2010年07月22日 16:55

2010_07227月4木0002
第92回全国高校野球選手権千葉県大会は今日準々決勝戦が行われた。マリーンスタジアムでは第一試合が習志野高校対市立柏だった。第二試合は浦安対東海大望洋だった。県営球場では第一試合が成田高校対千葉経済大付属高校だった。第二試合は千葉敬愛対専大松戸だった。準決勝戦の組み合わせは24日(土)マリーンスタジアムで、第一試合成田高校対習志野高校、第二試合が東海大望洋対専大松戸となった。観戦に出かけることになるだろうと思う。

2010_07227月4木0004
マリーンスタジアム前の夾竹桃です。松と言い夾竹桃と言い、高校球児のように元気いっぱいですね。

2010_07227月4木0006
こちらは津田沼囲碁クラブの中級囲碁教室(小野寺先生担当)です。人気があります。

2010_07227月4木0009
ヒマワリが津田沼囲碁クラブの雰囲気を明るくしています。

2010_07217月3水0024
もうムクゲが咲いています。ムクゲは韓国の国花だそうです。朝日新聞によると、先日行われた朝日アマ名人戦では、韓流ブームで優勝、準優勝を韓国勢が占めました。日本はプロもアマも韓国勢には太刀打ち出来なくなったようです。
日本の囲碁はどうなったんでしょうか。韓国勢に席巻された囲碁界をどう思いますか。

2010_07227月4木0008
せめて囲碁クラブだけでも明るくしたいですね。Sさんにいただいたヒマワリが明るくしてくれています。

猛暑日が続いている。熱帯夜で寝苦しい。体調も狂いがちだ。こんな時は美味しい鰻でも食べられると元気も出るのだろう。
子供の頃は夏休みになると、川や沼に夕方仕掛けをつくっておいて早朝に引き上げて、獲ったものだ。昼は釣り、ドジョウ踏み、川干し、流し釣りなどで魚を獲った。一生懸命だった。お祭りのときなどは、親戚の漁師の家に行って、分けてもらったものだが、この時は子供心に恐縮していて、行きたくなかった。
ちょうど今頃の時期だったろうか、一年に一度だけ大きな貯水池の水を抜く行事があった。この時は近郷から大勢集まって、中の魚を獲った。かがり火をたいて夜中から朝方まで、水の引き具合で捕獲する方法が変わった。鯉、フナ、雷魚、ナマズ、ウナギ、などどっさりと獲れた。網、オゲ、ウナギ掻き、素手で捕まえるのだが、面白いように獲れた。それをザル籠に入れて背負って運ぶ。活け簀に入れておくのだが、いっぱいになってしまう。それこそ大騒ぎだった。今はこんな原始的なことはしないのだろう。
こんなこともあった。父と兄と私の3人で霞ヶ浦と北浦が交わる地点の与田浦にボラ釣りに行った。笹っぱ舟を借りて出かけた。「流し釣り」は小さい帆かけ船(1メートル位の大きさ)に約100メートルくらいの「てぐす」を結び、1メートル置きくらいに釣り針を付け、それに餌(太ミミズ)をつけて流す。
昼飯を食ってしばらくすると用を足したくなった。裸になり船から泳いでマコモの中には入っていった。マコモのヌルヌルにはまいった。周りの魚たちも突然の闖入者にびっくり仰天だったろう。ササッパ船に帰ってやれやれとしているうちに、一天にわかにかき曇り、風が出てきた。湖は時化てきた。ササッパ舟はどんどん流された。一時はどうなるかと、大騒ぎだった。岸に流されてやっと生還できた。
魚獲りにはいろいろな思い出がある。ウナギにはあり付けなくても、せめてドジョウぐらいにはお目にかかりたいものだ。
終戦からだいぶたった。「国破れて山河あり」、と言うがしかし日本は、はたして「日本の山河」を取り戻しているのだろうか。まだ占領されているのではないだろか。アメリカ大統領は広島や長崎に来て原爆犠牲者に謝罪するのだろうか。


最新記事