いよいよ名人戦が始まる。暑い夏に第35期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の熱い戦いが始まる。第1局は明日(9月1日)名人の地元大阪府吹田市で開幕する。津田沼囲碁クラブの面々は高尾九段のファンが多い。久し振りにタイトルを獲るチャンスが来たと大いに期待している。

2010年08月31日 18:50

2010_08310004.jpg
津田沼囲碁クラブはお花が一杯です。囲碁普及は大変ですが、いつか実りの秋が来るでしょう。


スタッフは女性ばかりですが、囲碁ファンも女性が多いです。初めてのお客様は「ここは女性が多いですね」と言ってくれます。「そうですか。それほどでもないと思いますが」と応えています。

いよいよ名人戦が始まる。暑い夏に第35期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の熱い戦いが始まる。第1局は明日(9月1日)名人の地元大阪府吹田市で開幕する。昨年20歳の史上最年少名人となった井山裕太名人に挑戦するのは、4年前に名人となった高尾紳路九段。石田芳夫九段は両者とも、手厚く、碁盤全体を見ながらじっくり戦う似ている棋風だという。
津田沼囲碁クラブの面々は高尾九段のファンが多い。久し振りにタイトルを獲るチャンスが来たと大いに期待している。最近の碁は好調で、いよいよ棋力と気力が充実してきているようだ。ここで名人をしっかり奪還することが、井山裕太名人にもいい刺激になり、勉強になると思う。高尾紳路九段が名人を奪取することが、日本囲碁界のレベル向上のためにもなるに違いない。そう信じている。

久しぶりでNHKの「ゲゲゲの女房」の後の「アサイチ」を見た。今日は東京スカイツリー周辺の様子が紹介された。スカイツリーに引き寄せられて、名所になっているようだ。

2010年08月30日 19:11

2010_08280005.jpg
錦糸町から見た東京スカイツリー。

2010_08280002.jpg
モリシア津田沼の楽市マーケットです。


浅草から見た東京スカイツリー。

久しぶりでNHKの「ゲゲゲの女房」の後の「アサイチ」を見た。今日は東京スカイツリー周辺の様子が紹介された。スカイツリーに引き寄せられて、名所になっているようだ。驚いたのは隅田川を挟んで台東区側と墨田区側では「声」が違うそうだ。セミの鳴き声のことだが。これを調べているのは東京大学の須田教授。虫取り網をもっていました。台東区側ではミンミンゼミとアブラゼミが鳴いていた。ところが川を渡って墨田区側に来るとアブラゼミが鳴いていた。どうしてだろうか。それは65年前の東京大空襲が関係していた。
米軍資料でも大空襲で墨田区側は壊滅的な被害を受けていた。そこにいたミンミンゼミもやられてしまった。台東区側からも飛んで行くのだろうが、ゼミミンミンゼミの飛行距離は短くて、なかなか墨田川を渡れないようだ。セミがB29の絨毯爆撃で大きな被害を受けた東京大空襲を忘れないように、教えてくれているのでしょう。

ドイツからMさんが帰ってきた。Mさんは時々帰ってきて、ドイツでの日本の伝統文化・囲碁の普及の様子を教えてくれる。秋の風囲碁大会が始まっていたからだろうか「津田沼囲碁クラブは今日もだいぶ盛況ですね」と驚いていた。

2010年08月29日 18:47

2010_08290012.jpg
ヒカルの碁囲碁教室です。

2010_08290018.jpg
秋の風囲碁大会です。


少年少女囲碁教室です。

ドイツからMさんが帰ってきた。Mさんは時々帰ってきて、ドイツでの日本の伝統文化・囲碁の普及の様子を教えてくれる。奥様と協力して囲碁ばかりでなくほかの伝統文化も普及しているそうだ。彼はドイツでの住み心地がいいみたいだ。水が合うのだろうか。
今日は津田沼囲碁道場の高段者の何人かと対局していたが、全勝したようだ。ドイツで真剣に打っているだけに、読みがしっかりしているようだ。対局した人が褒めていた。
数日の日本滞在で直ぐに向こうに旅立たれるそうだが、忙しい。わざわざ来ていただいて、お土産をどっさりいただいた。Mさんのドイツでの日本文化普及が順調に行きますように、ご健闘をお祈りしたい。
もう一つ嬉しいことがあった。今日はNHKで全国少年少女囲碁大会の決勝戦の模様が放映された。中学生の部で、わが津田沼囲クラブに来て勉強していた佐野飛鳥君が準優勝した様子が放映された。李先生も見ていて、「佐野君はプロになれる素質があったが、進学校を選んだから、勉強に忙しいようだ。惜しかったよ」と言っていた。佐野君のこれからを楽しみにしていきたい。

浅草サンバカーニバルには度肝を抜かれた。耳をつんざくサンバのリズム。人人人。押し寄せる人の波に圧倒された。東京はお祭り好きが多い。これで少しは元気が出てくるだろう。

2010年08月28日 18:47

2010_08280004.jpg
堀江先生の「ジュニア囲碁教室」です。

2010_08280014.jpg
雷門前です。

2010_08280016.jpg
スカイツリーが見えます。

2010_08280021.jpg
雷門もじっと見守っている。

2010_08280042.jpg
踊り狂うパレードの参加者たち。ヤッホー!


なかなか!格好いいぞ!

暑い毎日が続いている。猛暑日。真夏日。しばらく外を歩いていると、息苦しくなってくる。汗は溢れてくる。何か気を紛らすことがなければ、あるいは目的がはっきりしていなければ、おそらく変になりそうだ。水分補給は十分にしなければ、熱中症になってしまいそうだ。
日本やアメリカそれにヨーロッパは景気がパッとしない。どうも湿りがちだ。ブラジルはけっこう景気がいいらしい。「浅草サンバカーニバル」があると聞いて、ちょっと覗いてみたくなった。
JR浅草橋から地下鉄に乗る頃から混んでいた。浅草で降りると駅から出るのが大変だった。超満員。路上に出るともう押すな押すなの混雑ぶりだ。交差点では身動きがとれない。サンバのリズムが耳をつんざくように響いてくる。踊り子たちは踊り狂っている。
「立ち止まらないでください」
交通整理のお巡りさんがしきりに注意するが、身動きできないでオッペシあいで、危険な状態だった。パレードの写真を撮ろうとするが、幾重にも重なっている人垣の頭ばかりが写ってしまう。雷門前では反対側に移ったが、あまり変わらない。FINISH地点に着くと、少し見えるようになった。頭がくらくらしてきたので、水分補給をして気を休め、引き返してくると、時々見えるようになった。スカイツリーも見えた。係りの人に聞くと、6時までこのパレードが続くそうだ。早めに退散してきた。電車の中は涼しかった。

第35期碁聖戦五番勝負第5局は275手で終局し、挑戦者の白番坂井秀至七段が2目半勝った。張栩碁聖を通算3勝2敗で破った坂井秀至七段は初タイトルを獲得した。

2010年08月27日 19:39

2010_08270009.jpg
こちらは津田沼囲碁クラブの「秋の風囲碁大会」です。アマチュアも真剣勝負で楽しみましょう。


李先生の「総合囲碁教室」です。皆さんだいぶ腕を上げています。

第35期碁聖戦五番勝負第5局は275手で終局し、挑戦者の白番坂井秀至七段が2目半勝った。張栩碁聖を通算3勝2敗で破った坂井秀至七段は初タイトルを獲得した。
時々李先生の解説を聞きながら、パンダNETで見ていた。迫力があった。最近の関西勢の躍進ぶりは素晴らしい。坂井秀至七段の充実ぶりも目につく。坂井は初の七大タイトル獲得。坂井秀至碁聖誕生により、関西棋院所属棋士の七大タイトル獲得は1981年の橋本昌二王座以来29年ぶりとなった。 張栩の5連覇はならなかった。張栩は棋聖・十段・王座の3冠になった。

日経囲碁サイトによると、第58期王座は26日日本棋院関西総本部で挑戦者決定戦がおこなわれた。山田規三生九段が望月研一七段を黒番中押しで破り、挑戦者になった。

2010年08月26日 17:55

2010_08250040.jpg
ハツユキソウが元気になりました。


津田沼囲碁クラブの様子です。


近くでメタセコイアの伐採がありました。生きた化石ともいわれるメタセコイアは成長が早く、植栽に利用されている。しかし団地では大きくなりすぎて、持て余しているようだ。

日経囲碁サイトによると、第58期王座は26日日本棋院関西総本部で挑戦者決定戦がおこなわれた。山田規三生九段が望月研一七段を黒番中押しで破り、挑戦者になった。津田沼囲碁クラブの囲碁ファンは関心が高く、「どうなった?」と何度も聞きに来た。望月七段は少年少女囲碁教室に来ていたことがあったので、関心が高かったようだ。望月研一七段の初挑戦はならなかった。

気象庁は秋の3か月予報を発表した。ペルー沖のラニーニャ現象などの影響で太平洋高気圧の後退が遅れて、特に秋の前半は全国的に高温傾向の見通し。残暑厳しく秋の訪れは遅くなりそうだ。囲碁クラブが避暑地に選ばれるのもうなづける。禍を転じて福となす。どうやら囲碁上達の秋が望めそうだ。

2010年08月26日 17:47


小野寺先生の「中級囲碁教室」です。人気があります。生徒さん達は熱心です。

気象庁は秋の3か月予報を発表した。ペルー沖のラニーニャ現象などの影響で太平洋高気圧の後退が遅れて、特に秋の前半は全国的に高温傾向の見通し。残暑厳しく秋の訪れは遅くなりそうだ。南シナ海からアラビヤ海にかけては海面水温が平年より高く、対流活動が活発化していて、チベット高気圧が衰えにくく、偏西風の南下が遅れている。今月の平均気温は東京都心で2.3℃、千葉で2.4℃、水戸で2.8℃、上回っている。
囲碁クラブが避暑地に選ばれるのもうなづける。禍を転じて福となす。どうやら囲碁上達の秋が望めそうだ。

津田沼囲碁クラブの「寺子屋囲碁教室」です。夏休みもそろそろ終わりですね。真っ黒に日焼けした子供たちが元気いっぱいです。しっかり勉強していますか。

2010年08月25日 19:40


キバナコスモスです。京成線の脇に咲いていました。街頭で拾った秋の気配です。暑い暑いと言っている間に、秋は近付いています。

2010_08250023.jpg
ケイトウです。千葉工業大学の脇、マロニエ通りに咲いていました。きれいですね。

2010_08250026.jpg
マリーゴールドです。これも近くにありました。ここから津田沼囲碁クラブの窓に「碁」のカンバンも見えます。

2010_08250033.jpg
津田沼囲碁クラブの「寺子屋囲碁教室」です。夏休みもそろそろ終わりですね。真っ黒に日焼けした子供たちが元気いっぱいです。しっかり勉強していますか。
お母さんたちも気になるようで、見守っています。


♪出た出た月が まあるいまあるいまん丸い 盆のような月が♪

2010年08月25日 19:35

2010_08250003.jpg
実籾本郷公園の鴇田住宅には植木の手入れが行われている。

2010_08250006.jpg
スイレンです。

2010_08250007.jpg
稲穂がたわわに実っています。もう刈り取ってもいいようですね。
向こうに見えるのが実籾高校です。もう学校が始まったんでしょうか。生徒たちが多いです。

2010_08250012.jpg
これはなんというのでしょうか。マメ科ですかね。


今日は満月。千葉工大の上にまん丸いお月さまが現れた。

♪出た出た月が まあるいまあるいまん丸い 盆のような月が♪
今日は望月。日中はまだまだ暑い日が続いている。猛暑日になっている所も多い。しかし夜になるとさすがに気温も下がっている。秋の虫が鳴いている。

津田沼囲碁道場の秋場所は10月まで対局するが、天狗も小天狗も揃っていて気合いが入っている。私も負けずに1局打った。逆転に逆転を重ねたが、終盤に近く「これはいただき」と思った。ところが勝負は下駄を履くまで分らない。簡単にひっくり返されてしまって、やられてしまった。悔しいのなんの。感想戦では相手の解説を聞くばかりだった。

2010年08月24日 19:04

2010_08240002.jpg
堀江哲先生の初段突破囲碁教室です。

2010_08240017.jpg
八千代のSさんから頂いたヒマワリとハツユキソウです。

2010_08240014.jpg
ガーベラ、トルコキキョウ、スターチスです。ユリもあります。

2010_08240009.jpg
須藤真理子先生の基礎・質問囲碁教室です。

2010_08240020.jpg
受付のヒマワリとハツユキソウです。いい雰囲気を醸し出しています。


馬先生の上級囲碁教室です。こちらもいい雰囲気です。

空にはまん丸のお月さまが出ている。昨夜帰る時、さすがに少し涼しくなったかと思った。空を見上げると満月に近いお月さまが出ている。心なしかかすかに虫の声も聞こえる。家に着いて月齢を見ると、25日が望月になっていた。今千葉工大の20階ツインビルの上に出ている月はまん丸だ。明日はもっと丸くなるのだろう。
ところで中秋の名月はいつなのか、スタッフたちに聞いたところ、どうやら9月23日(秋分の日)が丁度その日に当たるそうだ。昔から、月見で一杯と言うが、今年のこの暑さを忘れる一杯になればいいと思う。季節に気を取られていると、いつの間にやら時が経っていく。
津田沼囲碁道場の秋場所は10月まで対局するが、天狗も小天狗も揃っていて気合いが入っている。私も負けずに1局打った。逆転に逆転を重ねたが、終盤に近く「これはいただき」と思った。ところが勝負は下駄を履くまで分らない。簡単にひっくり返されてしまって、やられてしまった。悔しいのなんの。感想戦では相手の解説を聞くばかりだった。


最新記事