「席亭から」もだいぶ迷走しましたが、ご覧いただきありがとうございました。新年もどうぞよろしくお願いします。

2010年12月31日 17:16


モリシア津田沼から見た富士山です。

2010_12310057.jpg
夕日が沈んだところです。富士山もくっきりしてきました。

2010_12310045.jpg
夕焼けですね。この辺りは明日は晴れるのでしょうか。

2010_12310037.jpg
空に浮かぶ雲はどこに流れて行くのでしょうか。

2010_12310034.jpg
寒気団が下りてきてだいぶ冷え込んできました。

2010_12310032.jpg
2010年の大晦日の夕日が沈むところです。富士山が浮かび上がってきました。

清水寺で揮毫された今年の漢字は「暑」だったが、寒波襲来で「寒」もセットにしたいくらいだ。大晦日の東京新聞を見ると、首都圏14大学による学生サークルが全国の学生にアンケートして選ばれた今年の漢字は「迷」だった。第2位「変」以下「暑」「乱」と続いた。就職が厳しい全国95大学の大学生が選んだ漢字「迷」は政治の迷走の意味もあったのだろう。
同じ東京新聞の1面には「皇居の森のタヌキばやし」のことが載っていた。なんともほっとする話。大手町まで散歩に出るものもいるそうだ。恐らく近頃危なっかしい人間の様子を見に来ているのだろう。一緒に迷走しなければいいのだが。
「席亭から」もだいぶ迷走しましたが、ご覧いただきありがとうございました。
本年はいろいろとお世話さまになりました。新年もどうぞよろしくお願いいたします。


囲碁は盤上のサッカーと思っている。昨日天皇杯サッカー選手権戦準決勝戦を見ていて大変参考になった。国立競技場ではFT東京対鹿島アントラーズの一戦があった。#IGO

2010年12月30日 18:42

2010_12300006.jpg
きれいに出来ました。これでいよいよ新年が迎えられる。

2010_12300007.jpg
雰囲気が出ていますね。来年の干支は卯ですが、どんな年になるでしょうか。

2010_12300008.jpg
豪華な飾りになりました。豪快な躍動感があります。

2010_12300009.jpg
野球の虎は終盤にちょっと不調でしたが、来年は期待できそうです。ウサギもそうですが飛躍の前には力をためる準備が要るようです。楽しみにしましょう。



大掃除には思わぬ効用があるものだ。あちらこちら探しても見つからなかったものが出てきた。さらに記憶から遠ざかっていたものが出てきて、整理するにはどうしたらいいか、考えさせられた。自分の今を見つめなおすことが出来る。時々ひっくり返して、並べ替えるのはいい整理法かもしれない。
囲碁は盤上のサッカーと思っている。昨日天皇杯サッカー選手権戦準決勝戦を見ていて大変参考になった。国立競技場ではFT東京対鹿島アントラーズの一戦があった。試合はこう着状態にあったが、FT東京はFW平山のオーバーヘッドシュートが意外性ゴールに結びついた。ハーフタイムの後、鹿島はMF本山を投入した。ここでパスの流れがスムースになり、鹿島アントラーズは逆転勝利した。ひっくり返しての作戦変更が功を奏した。いい勉強になった。元日の国立霞ヶ丘競技場のチケットは場外は完売となっていた。いよいよ現地調達あるのみとなった。楽しみだ。

日本囲碁連合は日本棋院と関西棋院の統一を促進させることが出来るのでしょうか。日本の囲碁界の活性化のためにぜひとも実現してもらいたい。世界中の囲碁ファンはそう望んでいるに違いない。#GO

2010年12月29日 17:13


夕日が沈む直前の富士山です。雲がかかっています。

今年の日本は何となくこんな感じでした。何よりも政治が全く期待外れでした。外交密約などが明るみに出てきましたが、前の長期政権もひどいことをしていたんですね。政界はまさに不信に満ちています。新年には何か期待できる何かがほしいですね。
今年の明るいニュースの中で、夢が膨らむ分野がありました。困難を克服しての「はやぶさ」の快挙は日本に希望をもたらしてくれました。ノーベル化学賞の受賞も若い人たちに励ましを与えてくれました。
日本囲碁連合は日本棋院と関西棋院の統一を促進させることが出来るのでしょうか。日本の囲碁界の活性化のためにぜひとも実現してもらいたい。世界中の囲碁ファンはそう望んでいるに違いない。
国内経済のデフレスパイラルはいつになったら直るのでしょうか。沈む夕日を眺めながらそんなことを思いました。

2010_12290005.jpg
夕日が沈んでくっきりと浮かんだ富士山です。この分ではこの辺りは明日もいい天気でしょう。

2010_12290006.jpg
Mさんがチューリップを持ってきてくれました。

大型の寒気団が大陸から張り出して、この冬一番の冷え込みとなっている。本州の太平洋側にある低気圧が発達して北日本では吹雪いている所もあるそうだ。これから一段と寒くなるそうだから、出かける時は少し構えないといけないかもしれない。元旦の天皇杯サッカー選手権はあの吹きさらしの霞ヶ丘国立競技場で決勝戦が行われるが、よほど温かくしていかないと、凍えてしまうかもしれない。ホッカイロでもしていけばと勧める人もいる。清水エスパルス対鹿島アントラーズ。好取組となった。準決勝を見ていたら、Kさんが「私は元旦に毎年国立競技場に行くんですよ。何よりの楽しみなんです」と教えてくれた。これは驚いた。そういえばあの寒い中を満員になるんですから、それだけファンが多いんでしょう。
帰省ラッシュは明日までだそうだが、気を付けて行って来てください。

囲碁はレジャー白書で急激にファンが増えた。一時は2百数十万人と言われていたが、何と六百数十万人に増えたそうだ。あるライターが「人生には囲碁を知って楽しむ人生と、囲碁を知らないつまらない人生がある」と書いたが、囲碁を知らないのは一生の損かもしれない。#IGO

2010年12月28日 20:44


馬先生の上級囲碁教室です。楽しい教室ですね。みなさんだいぶ腕を上げたようですね。

いよいよ押し詰まってきた感じがする。皆さんが年末の挨拶をし合っている。それを聞くといよいよ年の瀬になったかと思う。せわしない毎日を送っているので、あまり感じなかったが、周囲の雰囲気が少し変わってきた。
NHKの紅白歌合戦のメンバーも発表された。今年の全国高校駅伝はどうか、と気にかけていたが終わってしまった。ラクビー、サッカーと来て、お正月に突入する。こちらの行方も気になる。
天皇杯サッカーはいよいよ明日が準決勝戦だ。元旦の決勝戦は国立霞ヶ丘競技場。第一級の寒気団が南下して来ている。風も冷たいそうだ。出かける時は相当着こんでいった方がいいようだ。実業団駅伝は元旦にあるが、こちらは炬燵の中でも見られる。風邪気味の人はこちらがいいかもしれない。2日、3日は箱根駅伝。3日のイベントでは、なんといっても「新春囲碁大会」が津田沼囲碁クラブで行われるが、新年の小手調べには、これが一番ふさわしいのではないだろうか。
囲碁はレジャー白書で急激にファンが増えた。一時は2百数十万人と言われていたが、何と六百数十万人に増えたそうだ。調査方法が変わったといわれているが、それにしても数百人の囲碁ファンがいることは間違いないようだ。I先生情報では、有名な囲碁ライターが「人生には囲碁を知って楽しむ人生と、囲碁を知らない人生がある」と書いているそうだ。寿命が延びたとは言っても、人生はわずかな時間しかない。衣食住と生活の中で潤いを持たせる文化活動にどれだけ費やすか。短時間で最高の癒しが得られることが理想的なのだが。趣味の世界だからいろいろと好みはあるが、一番合致するのが囲碁。世界一楽しいゲームとはよく言ったものだ。これを覚えると最高に幸せな気持ちになる。正直言って囲碁を知らない人生なんてつまらない。これは囲碁を知って初めて言えるセリフだと思う。囲碁を知らない方はぜひとも、一度じっくりと先生に指導してもらって、試してもらいたい。あなたの人生を一段と充実したものにしてくれるでしょう。津田沼囲碁クラブには入門から上級まで30の囲碁教室があります。指導する先生がたも優しくていい人ばかりです。女性スタッフもあまり人気があって、心配しているくらいです。みなさん、どうぞ一度のぞいてみてください。お待ちしております。

津田沼囲碁クラブでは稲門会囲碁の会があった。10数名が午前中から夕方まで楽しんでいた。#IGO

2010年12月27日 17:07


稲門会のYさんからいただいたシンビジュームです。


入江先生の入門囲碁教室です。

2010_12270012.jpg
馬先生の中級囲碁教室です。

2010_12270014.jpg
李先生の実戦囲碁教室です。

2010_12270010.jpg
稲門会の囲碁大会です。

2010_12270020.jpg
稲門会囲碁大会の熱戦が続いています。

津田沼囲碁クラブでは稲門会囲碁の会があった。10数名が午前中から夕方まで楽しんでいた。幹事のSさんはドイツ関係に明るいようだった。ワインのことなど聞かせてもらった。
Hさんは前にお世話になった方でお仕事で外国には駐在していて、現地での交流の様子など教えてもらった。まさか囲碁は打つとは思っていなかったので「いつ覚えたんですか?」と聞くと、「会社ですよ」と答えてくれた。そういえば昔はどこの会社でも打っていましたね。打つといえばHさんは津田沼駅前の蕎麦屋さん。「今も手打ちそばですか?」「そうですよ。そば粉は白鳥と東京の宮田を半々使っていますよ。今年越しそば作りで忙しいんだよ」
Sさんは高段者で私も以前に打ってもらったが、おそらく上位の打ち手だろうと思う。公民館でも打っているようです。
Yさんとは先日私と3子で打った。5手ヨセコウを勝ってしまったが、よほど悔しかったようだ。ビデオを見て「絶好の側コウがあったのに、どうして気がつかなかったんだろう」と言っていた。
Iさんは私の「打ち方」の師匠で教え方が優しい。パンダNETでも打ち始めたそうだ。稲門会はよくまとまっている感じだ。先日忘年会でAさんの歌う「人生劇場」を聞いた。早稲田の第二応援歌だそうだ。おそらくこの歌は早稲田の精神的な気概を表わしているのだろうと思う。地域でもボランティア活動を積極的に進めている。頭が下がる。
今日頂いたYさんのシンビジュームはいい香りを放っている。時々丹精した花を持ってきてくれる。囲碁の大盤を一段と高くする木枠を作ってくれた。囲碁教室で使っているがなかなかの評判だ。
Uさんはまだ現役。スーツ姿で参加した。「大丈夫なの?」と聞くと「ちょっと遅刻してしまったよ。いやあ、今日は大事な稲門会だから、早く帰ってきたんだ」と言っていた。
囲碁大会の後は忘年会だったようだ。稲門会は地域にいろいろな部会があるようだ。先日の「ならしの朝日」にそば部会のことが載っていた。Uさんがそば部会の会長で公民館などで教えているそうだ。素晴らしい活動をしていると思った。

津田沼囲碁クラブではいろいろなグループが年末の囲碁会を開いている。先日は三田会だった。明日は稲門会の予約が入っている。今日はタンポポ会が20人ほど忘年囲碁大会を開いた。楽しそうだった。Yさんが結婚するそうで、その祝賀会も開かれた。

2010年12月26日 18:35

2010_12270025.jpg
千葉工業大学の新校舎が出来あがり、周辺の整備が進んでいます。
2010_12270030.jpg
夕日が沈み富士山が浮かび上がりました。

ストックです。
いよいよ冬将軍が押し寄せてきた。今朝コンクリート長屋の階段大掃除だった。女性たちが多く出てきて元気がよかった。作業している時はいいのだが、手を休めると寒いこと寒いこと。いまは寒い歳末なんだと思い知らされた。日本海側や九州、四国は雪になっているそうだ。大雪になっている所もあるそうだ。これから正月にかけて、冬型で冷え込む天気が続くという予報が出ている。今年の漢字は「暑」だったが、「寒」もセットで入れた方がいいのではないか。
朝日新聞によると、趙治勲二十五世本因坊が1364勝した。(733敗ジゴ4無勝負)林海峰名誉天元を抜いて単独1位になった。11月に林に並んだ。12月23日の第59期王座戦予選Aで林漢傑七段に勝ち記録を更新した。これからはイチローのように記録を更新していくのだろう。偉業を成し遂げている趙治勲は、何と言っても囲碁界の歴史に残る人だと思う。
夕方のテレビ番組「サザエさん」に碁盤が登場したそうだ。波平さんが打っている場面が出たという。Kさんがメールで知らせてくれた。最近はテレビに対局場面が出てくると教えてくれる人が多くなった。なかなかいいことだと思う。
政局も慌ただしくなってきたが、この間の与謝野馨対小沢一郎の対局などはなかなか面白いと思った。今日李青海七段の研究会でその対局の棋譜を並べていた。両者ともなかなかの打ち手で、アマチュアではこれだけの打ち手はあまりいない、と言っていた。
津田沼囲碁クラブではいろいろなグループが年末の囲碁会を開いている。先日は三田会だった。明日は稲門会の予約が入っている。今日はタンポポ会が20人ほど忘年囲碁大会を開いた。楽しそうだった。Yさんが結婚するそうで、その祝賀会も開かれた。Yさんとお嫁さんはなかなかのいいパートナーになると感じた。Yさんの幸せそうな笑顔がよかった。

T先生のお師匠さんがさかなクンのお父さん。宮沢吾朗九段だ。お父さんはさかなクンに初めは囲碁も教えたそうだが、好きな魚に興味を持ち、今では魚に関しては大家となった。京都大学の中坊徹次教授との交流があって、大発見につながった。

2010年12月25日 12:48

2010_12250004.jpg
手嶋先生の初級囲碁教室です。

2010_12250006.jpg
堀江先生のジュニア囲碁教室です。


ジュニア囲碁教室です。


夕日が沈んで富士山が浮かび上がりました。

新聞によると、約70年ぶりに生息が確認された淡水魚クニマスの再発見に貢献した東京海洋大学準教授のさかなクンが記者会見した。天皇陛下が誕生日に先立った会見で、クニマス発見のさかなクンらの協力に触れたことに「感慨無量、ものすごく幸せな気持ちでいっぱいです」と話したそうだ。
T先生のお師匠さんがさかなクンのお父さん。宮沢吾朗九段だ。初めは囲碁も教えたそうだが、魚に興味を持ち今では魚に関しては大家となった。京都大学の中坊徹次教授との交流があって、大発見につながった。秋田県の田沢湖に生息していたが絶滅したと思われていた日本固有の魚クニマス。まさか富士五湖の西湖に生息していたとは誰も知らなかった。立役者となったさかなクンにお父さんもさぞかし喜んでいることだろう。小さい頃から魚が大好きだったそうだ。絵うを書くことも大好きだったそうだ。子供たちへのメッセージは「外に出て自分の目で見て、わくわくして、これなんだろう?って疑問を持ってほしい。自然の素晴らしさに目を向けて」だった。

船橋市役所では新年に行う囲碁普及事業のことで協力要請しました。その時担当の方に教えてもらいましたが、昨日の夕方、いくつかのテレビでIGO AMIGO(若者たちの囲碁普及集団)の活動が紹介されていたそうです。彼らは本当に活発です。ニューヨーク、ロンドンなど世界を股にかけてやっています。

2010年12月24日 20:57

2010_12240015.jpg
穏やかな夕空です。と言ってもこれは屋内からの眺めです。いつもこのスポットから富士山を撮っています。出来れば千葉工業大学の屋上から撮ってみたいですね。あそこの景観は素晴らしいです。遠く筑波山も見えます。もちろん関東平野一円が一望出来ます。それに引き換えモリシア津田沼の眺望はすっかり悪くなりました。千葉工業大学の20階建ツインビルが出来る前は千葉方面の夜景がきれいでした。今はすっかりシャットアウトされてしまいました。残念です。


李青海七段の総合囲碁教室です。先生はこの秋船橋市から市政功労で文化功労賞を受賞しました。新年の1月中旬に受賞祝賀会を行いことになりました。

今年も残すところあと数日になりました。「奏の杜」(JR津田沼南口35ヘクタール開発地)と呼ぶそうです。津田沼はたしかに音楽が盛んです。谷津小学校は全国合奏コンクールで最優秀賞を受賞、習志野高校は吹奏楽全国大会で最優秀など地域を上げて取り組んでいます。レベルが高いそうです。まったく素晴らしいですね。
開発地は着々と整備されている。一部ではもう住宅が建ち始めている。これから高層住宅が林立するようです。古くて機能が老朽化した建物はどんどん取り壊される運命なのでしょう。時代の流れで仕方ないですね。
京成谷津駅まで歩いたのですが、街がどんどん変わっている。船橋競馬場駅で降りる人が多かった。みなさんは「ららぽーと」に行くのでしょうか。大神宮下駅はすっかり立派になりました。大神宮の杜はお正月には初詣で賑やかでしょう。船橋駅で降り市役所まで歩きましたが、裏通りはシャッターが下りているお店が多かった。世の中不景気なんですね。まさにデフレスパイラルに入っているようです。
船橋市役所では新年に行う囲碁普及事業のことで協力要請しました。その時担当の方に教えてもらいましたが、昨日の夕方、いくつかのテレビでIGO AMIGO(若者たちの囲碁普及集団)の活動が紹介されていたそうです。彼らは本当に活発です。ニューヨーク、ロンドンなど世界を股にかけてやっています。フリーペーパー「碁的」は品切れ状態になっている。あのカバーガール「万波佳奈」は大変な人気でした。津田沼にも100部ほど来ましたが瞬く間になってしまった。ワークショップを毎月開いているが、活気がある。彼らの活動に期待しています。
帰りに「割引チケット販売」の前は長蛇の行列でした。年賀はがきもまだありました。東武百貨店は混んでいましたね。人気があるんでしょうか。郵貯銀行のATM前も長蛇の列でした。サンタクロースの衣装を付けた人たちがケーキを売っていました。そういえば今日はクリスマスイブでした。明日は寒くなるそうです。

お天気は快晴。どこかいいスポットはないか、最近は高層の建物がニョッキニョッキと建って眺望がどんどん悪くなっている。富士山を撮りたいと探したがなかなかいい所がない。

2010年12月23日 19:01

2010_12230003.jpg
モリシア津田沼から見たスカイツリーです。

2010_12230005.jpg
お天気が良くて富士山が見えました。

2010_12230013.jpg
JR錦糸町駅から見たスカイツリーです。


モリシア津田沼から見たお月さまです。まん丸のお月さまはなかなかいいですね。

お天気は快晴。どこかいいスポットはないか、最近は高層の建物がニョッキニョッキと建って眺望がどんどん悪くなっている。富士山を撮りたいと探したがなかなかいい所がない。モリシア津田沼も眺望はすっかり悪くなっている。裏の非常口から撮ってみたが、せいぜいこれ位が関の山か。スカイツリーは津田沼からも小さく見える。JR総武線の窓からも見える。西船橋辺りからは左手に、新小岩からは右手に見えるが、デジカメではなかなかうまく撮れない。錦糸町駅からが一番近いかもしれない。もっと近くに行けばいいのだが、これがなかなかチャンスがない。
板橋の小茂根までお芝居を見に出かけた。町はクリスマス商戦が繰り広げられている。駅の近くはどこも人が多い。何となく年の暮れと言う雰囲気だ。
都内もどんどん新しいのっぽビルが建って景色がどんどん変わっている。景観はどんどん悪くなるばかりだ。聞くところによると、オクションと言う建物もあるそうで、それを買える人たちがいるそうだ。仕事が少なくなって就職が難しいと言われているが、日本も貧富の差が大きくなっているようだ。来年はどんな年になるのだろうか。

22日は二十四節季の一つ冬至。「現代俳句歳時記」(金子兜太)によると、北半球では一年のうちで一番昼の長さが短い日となっている。

2010年12月22日 18:09

2010_12220002.jpg
池の回りにはカモたちが泳いでいる。

2010_12220005.jpg
ピンク色の実はなんだろうか。

2010_12220006.jpg
夕焼けの空に富士山が見える。

2010_12220010.jpg
寺子屋囲碁教室は今年の最終日だった。


実籾公園の鴇田住宅です。

昨夜は雨が降ったのだろう。朝のうちは曇っていたのかもしれない。お天気はどんどん良くなった。田圃や公園の近くを歩いてみた。雨上がりの道はぬかるんでいた。泥の跳ね返しが気になった。雨に洗われたのだろうか、空気が美味しい。ヒーヨヒーヨとひよどりが鳴いている。木の実でも突っついているのだろう。落葉樹はほとんどがすっきりと葉を落している。冬木立ちとはよく言ったものだ。冬将軍よ来たれ!と胸を張っている感じが出ている。田んぼの羊っ穂も枯れてきた。ススキや葦はすっかり枯れている。池ではカモが泳いでいる。北の方では寒波襲来で雪になっているそうだが、この辺りは久しぶりに暖かい。
共同作業が順調に終わって、昼過ぎからはYさんとお喋りをしながら津田沼まで歩いた。途中でにんにくのいい匂いがすると思ったら、イタリア料理の店だった。結構混んでいる。昼時の食堂は並んで待っているところもある。歩道を自転車で走っている人がいる。ぶつかりそうになる。ハミングロードの回りには畑が多いが、たしかネギやキャベツ、ダイコンにホウレンソウくらいはあったと思う。お喋りをしていたのでなかなか思い出せない。
囲碁クラブに着くと、何かと忙しかった。Nさんが「冨士山が見えるよ!」と言った。慌てて西の空を見た。師走の空に夕焼けの富士山が浮かんでいた。上空には雲も出ている。今年もいつの間にか年の暮れになってしまった。
22日は二十四節季の一つ冬至。「現代俳句歳時記」(金子兜太)によると、北半球では一年のうちで一番昼の長さが短い日となっている。夜がもっとも長い日。小豆粥やカボチャなどを食べ、柚子湯には入る習慣がある。冬至のことを一陽来復とも言って、陰がきわまって陽がかえってくると言われている。冬至冬中冬初めとも言われているくらいで、これからが寒さの本番とも言われている。まあ、節分(立春の前の日)の頃が一番い寒と思うのだが、どうだろうか。


最新記事