俊英棋士応援棋戦解説会(2015.10.23) 参加者募集中!新聞社のご厚意をいただき、第63期王座戦挑戦手合五番勝負、第41期天元戦挑戦手合五番勝負、40期棋聖戦、世界戦などの解説会を行います。 #igo #碁 #囲碁 #津田沼 #日本棋院 #ドイツ

2015年10月17日 15:09

 検索してみると、習志野とドイツとの関わりが分かりました。第一次世界大戦時、現在の東習志野に開設された習志野俘虜収容所には、1000名近いドイツ兵が収容されていたそうです。習志野俘虜収容所の所長の西郷寅太郎(西郷隆盛の嫡男)は、ドイツ文化を理解し、捕虜たちに対してとても寛大であり、捕虜たちは屋外演奏会や演劇を行っていたそうです。捕虜の中にいたソーセージ職人が、ソーセージ作りの秘伝を公開したことから、習志野市は日本のソーセージ製造発祥の地と言われているそうです。
151017018.jpg
ドイツフェアーが行われています。モリシア津田沼前の広場です。10月17日(土)、10月18日(日)の二日間行われます。
151017011.jpg
堀江先生のジュニア囲碁教室です。
151017012.jpg
阪谷先生の囲碁未来教室です。
151017013.jpg
月川先生の中級囲碁教室です。
151017026.jpg
アルプス音楽団の演奏です。ビギナー囲碁教室のYさんにばったり会いました。ドイツフェスタのお世話役をしているようです。ご苦労様です。
「後で行きます」
囲碁の事も忘れないようです。

俊英棋士応援棋戦解説会(2015.10.23) 参加者募集中!
新聞社のご厚意をいただき、第63期王座戦挑戦手合五番勝負、第41期天元戦挑戦手合五番勝負、40期棋聖戦、世界戦などの解説会を行います。
 「次の一手」の正解者には、津田沼囲碁クラブのコーヒー券を差し上げます。ご質問やご意見など自由にお出しください。
 参加会費は全額日本棋院に寄付します。若手俊英棋士が国際戦で活躍するために活用していただきます。
日  時: 2015年10月23日(金) 16時00分~17時30分
解説対局:第63期王座戦挑戦手合五番勝負、第41期天元戦五番勝負第1局、第40期棋聖戦、現在行われている世界戦などのタイトル戦          
解 説 者 :李 青海七段
次の一手出題あり、正解者には津田沼囲碁クラブのコーヒー券を贈呈します。
参加会費 : 1000円 (入場料は別です)
会  場 : 津田沼囲碁クラブ(JR津田沼南口5分)
〒275-0026
千葉県習志野市谷津1-16-1モリシア津田沼レストラン棟7F
TEL 047-475―5255 FAX 047-475-5289

CF:俊英棋士応援基金計:689,500円(日本棋院振込金額)9月29日現在
(第1回千葉県地域交流囲碁大会・チャリティー指導碁15000円を含む)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事