井山祐太七冠、史上初の達成、おめでとうございます。津田沼囲碁クラブ

2016年04月20日 18:46

NHKを初めマスコミ各社は先週の第3局の時から、史上初の七冠達成かと、大騒ぎでした。今日も朝からマスコミは大変な騒ぎでした。津田沼囲碁クラブでも、NETで観戦していました。序盤は大模様の張り合いで、面白い棋譜になるのではと、期待を抱かせました。中盤から大石のしのぎ如何!となり、最終局面では白石の活きがなくなり、投了となりました。井山祐太七冠達成の記念すべき一局となりました。
第54期十段戦挑戦手合五番勝負第4局が日本棋院本院で行われ、5時32分に163手で伊田篤史十段が投了し、挑戦者の井山祐太六冠(棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖)が黒番中押し勝ちで、十段のタイトルを奪取した。
主催の産経新聞の発表では、報道陣が30社、カメラは40台、取材記者は120人が詰め掛けたそうです。
井山祐太七冠、史上初の達成、おめでとうございます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事