ゴールデンウイークはいかがお過ごしですか?津田沼囲碁クラブでは、2016「三役リーグ」が開幕しました。総互先です。5月から始めて、7月20日まで行います。 #igo #碁 #日本棋院 #アルファ碁

2016年05月04日 09:57

津田沼囲碁クラブでは、囲碁ファンの棋力向上のお手伝いをしています。囲碁教室で囲碁を始めたい方のために「ビギナー囲碁教室」「囲碁未来教室」「初級囲碁教室」などがあります。さらに強くなりたい方のためには、「中級囲碁教室」上級囲碁教室など全部で35の囲碁教室があります。さらに、棋力のバロメーターとして、点数制対局、囲碁大会、津田沼囲碁道場などがあります。これらのシステムがみなさんに支持されているようです。おかげさまで創立から35年間続けてこられました。GOOOGLEのアルファ碁(AI)が世界の強豪の一人の韓国棋院イ・セドル九段を破りました。ディープラーニング(深層学習)というとてつもない進化法を内蔵しているこのAIは何とも末恐ろしいソフトです。しかしこれによって、「囲碁」が世界の隅々にまで知れ渡ったという効果は、囲碁ファンとして喜ばしいことではないでしょうか。日本の囲碁界では、さらにも一つのビッグニュースが出ました。井山祐太が主なタイトルと言われる七大タイトルを独り占めしてしまいました。日本には日本棋院と関西棋院がありますが、まあ囲碁ファンは早くややこしい二つの棋院は一つになるべしと思っているんですが、それはさておきこの二つの棋院の棋士は500名ほどいます。七大タイトルの挑戦者になるのも大変なのに、井山祐太はこの七大タイトルを独占してしまったんですから、大変なもんです。この七大タイトル独占は史上初めてだそうです。マスコミでは快挙と言っています。 この二つのビッグニュースで、日本では伝統的な文化であります囲碁を、知らない方はおそらくいないのではないでしょうか。よく電車の中でスマホでゲームをしている方がいますが、「囲碁をしてみよう」と思う方も増えているでしょう。 先月も毎月末に行っている「みんなで囲碁入門」という講座を開きました。すると、どうでしょうか。なんといつもは3、4名の参加者ですが、先月は16名も参加しました。なおうれしいことにほとんどの方が「囲碁教室」に入られました。 津田沼囲碁道場は2016「春場所」が4月一杯で終わりました。成績は囲碁クラブにA3用紙で3枚掲示しましたのでご覧ください。賞品は8月末にお渡しします。タイミングとしては、2016秋場所案内を発表する時です。 三役リーグは春場所で6割以上の成績を上げた方(8割以上が横綱、7割以上が大関、6割5分以上が関脇、6割が小結)は会費が免除になります。それ以外の方は参加会費(3000円)払えば、三役リーグに参加出来ます。津田沼囲碁道場の最大の効用と言いますか、いいところは「対局後の検討」にあります。これがいい勉強になります。私も打ちやすい勝てそうな相手とばかり対局していたのでは、進歩しないことを悟りました。やはり勝てない相手とも対局して、局後の検討で勉強し腕を上げたいと、思い直しました。これからは強い相手ともどんどん打ちたいと改心しました。強い三役の方、運悪く私と対局することになりましたら、ビシビシと厳しい手を打ってください。よろしくお願いします。 201654005.jpg 鼈宮谷さんのお友達の木村さんからいただいた井山祐太名人の色紙です。津田沼囲碁クラブに飾らせていただきました。名人就位式でのビンゴで当選した宝物です。木村さん、ありがとうございました。 201654002.jpg 入江先生の初級囲碁教室です。 201654004.jpg 吉原先生の棋力向上囲碁教室です。 201654008.jpg Nさんからいただいたジャスミンです。 201654010.jpg 堀江先生の級位者ステップアップコースです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事