第71期本因坊決定戦七番勝負が広島県尾道市の本因坊秀策囲碁記念館で開幕した。囲碁界初の七大タイトル同時制覇を成し遂げた井山にとって達成後初の防衛戦。NHKニュースでも紹介されていた。 #igo #囲碁 #本因坊戦 #解説会 #日本棋院 #AI #アルファ碁 #高尾紳路九段 #井山祐太本因坊

2016年05月09日 17:56

第71期本因坊決定戦七番勝負が広島県尾道市の本因坊秀策囲碁記念館で開幕した。囲碁界初の七大タイトル同時制覇を成し遂げた井山にとって達成後初の防衛戦。NHKニュースでも紹介されていた。防衛すれば5連覇となり、永世本因坊の称号の資格が得られる。挑戦する高尾紳路九段は本因坊3連覇の実績があり、3期ぶりの挑戦。開幕の舞台は碁聖と仰がれる幕末の天才棋士・本因坊秀策の生誕地である因島。記念館内に復元された秀策の生家が対局場となった。両対局者は記念館近くの地蔵院にある秀策のお墓にお参りした。一日目は井山は先番で小目、高尾は白番で星打ちで始まった。
挑戦者の高尾九段は今年の成績が13勝2敗と絶好調だ。前夜祭で「強い井山本因坊と戦えるのは幸せなこと。やるからには勝つつもりで頑張りたい」語った。井山は「七間達成後の初防衛戦で、情けない碁は打てない。持っている力を全てぶつけるつもりで戦いたい」と話したそうです。
一日目の封じ手16時56分に、高尾紳路九段が82手目を封じた。津田沼囲碁クラブでは、NETで観戦していた。「高尾紳路九段に勝ってもらいたい」「白が厚いようだね」「高尾さん、気合が入っているね」いろいろと感想が出ていた。
津田沼囲碁クラブでは11日午後4時から「俊英棋士応援棋戦解説会」を開きます。この本因坊決定挑戦手合の解説を行います。どうぞ参加してください。
201659004.jpg
馬先生の中級囲碁教室です。
201659006.jpg
李青海七段の実戦囲碁教室です。
201659007.jpg
堀江先生の月曜ジュニア囲碁教室です。
201659008.jpg
入江先生の初級囲碁教室です。

入江先生の囲碁未来教室です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事