○●「モリシアで話題の囲碁を体験してみよう」○●9月18日(日)午前10時半、午後1時半○●井山祐太の七冠達成、アルファ碁(AI)が世界トップの棋士を破るなど、話題になっている囲碁はどんなものか、体験してみませんか。お友達と誘い合せて、ご参加してください。 #igo #囲碁 #名人戦 #棋聖戦 #本因坊戦 #アルファ碁 #囲碁未来 #週刊碁 #五輪 #オリンピック #kodomo #tsudanuma

2016年09月08日 21:26

モリシアで囲碁体験。
9月18日(日)モリシアで囲碁体験です。多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
○●「モリシアで話題の囲碁を体験してみよう」○●9月18日(日)午前10時半、午後1時半

主催:日本棋院津田沼支部 協力:日本棋院、津田沼囲碁クラブ 、モリシア、TMコミュニケーション

井山祐太の七冠達成、アルファ碁(AI)が世界トップの棋士を破るなど、話題になっている囲碁はどんなものか、体験してみませんか。お友達と誘い合せて、ご参加してください。
 場所:習志野市谷津1-16-1モリシア津田沼1F
    モリシアセンターコート
 日時:9月18日(日)
第1部講座  午前10時半~11時「話題の囲碁とは、どんなものか」
          11時~12時「囲碁を体験します」
    休憩:12~1時半
第2部講座  午後1時半~2時「話題の囲碁とは、どんなものか」
          2時~3時 「囲碁を体験します」
 講師:三村芳織三段(日本棋院)アシスタント:10名(津田沼囲碁クラブ講師)
 定員:第1部、2部とも先着60名まで。
 参加費:無料
 問い合わせ:モリシアMC(TEL047-478-3969)
       日本棋院津田沼支部(TEL047-475-5255)
201698007.jpg
土屋先生の中級囲碁教室です。
201698009.jpg
入江先生の「おこのみ囲碁教室」です。201698004.jpg
ドイツからのお客様です。Sさんは謙遜してか、一級と言っていましたが、対戦してみたら三段位はあると思いました。席亭と一局手合わせをした時の様子です。フロントのTさんは英語がすらすらで、自然体で応対していたのには驚きました。
なんとIさんもうまい。Iさんは「私はスペイン語の方が得意なんです」と言っていた。現役時代のお仕事は何だったのでしょうか。碁熱心のNさんにも対局してもらいました。彼も英語はペラペラでした。1勝1敗だったそうです。
いつも手土産をいただくOさんはアメリカに留学していただけあってペラペラでした。「ドイツ語はできないんだよ」と言っていました。Sさんは喫茶コーナーで食事をしていました。IさんとSIさんが応対していました。英語でやり取りしていました。お食事をするとドリンクが割引で利用できますよと、英語で説明していました。みんなで笑いながら、楽しそうに話していました。
まあ、なんともはや、みなさんの英語は達者なんでしょう!席亭はただただサプライズ!狐に鼻を掴まれたように、きょとんとしていました。
Sさんはホリディーで日本に来たそうです。ヨーロッパの休暇は長いですからね。囲碁クラブをネットで調べたんでしょうか、日本では津田沼囲碁クラブが最初で、席亭が初めての対局相手だと言っていました。席亭の様子を見ると、あのメルケル首相のドイツの方との初めての対局ですから、少し緊張気味のようです。
Sさんの日記にはなんと書かれるのでしょうか。いろいろな出会いを楽しんでいるのでしょう。昔、オードリヘップバーンが出ていた「ローマの休日」という映画がありました。
いい映画でした。Sさんの「ホリディー・イン・ジャパン」はどんな展開になるのでしょうか。
Sさんはヒカルの碁を見て、碁を打ちたくなったそうだ。これは後でSさんと対局したNさんに聞いたのだが、早く分かればよかった。津田沼囲碁クラブが津田沼駅北口にあった時、集英社の「少年ジャンプ」取材陣が大挙押し寄せてきて、取材していった時のことを、Sさんに知らせてあげればよかった。「ヒカルの碁」世代が写っている写真も見せてあげればよかった。それにしてもドイツのSさんが「ヒカルの碁」を見て、囲碁を打ちたいと思ったとは、これはいいネタではないだろうか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事