○●○ みんなで囲碁入門 ○●○(2016.10.29.30.31)場所:津田沼囲碁クラブ(JR津田沼駅南口、モリシア・レストラン棟7F○●○会費 :無料 #igo #囲碁 #名人戦 #棋聖戦 #本因坊戦 #アルファ碁 #囲碁未来 #週刊碁

2016年10月11日 08:30

20161011001.jpg
須藤先生の囲碁未来教室です。
20161011003.jpg
堀江先生の初段突破囲碁教室です。

今日はアゼリア会の傘寿記念の集いです。潮来の「かんぽの宿」です。何年前だったか、日にちを間違えて、終わって解散した後に行ったことがあった。船橋の「ふなっしー」が出たばかりで、船橋駅のキオスクまで買いに行き、どっさり買い込んで持って行った。延方からタクシーで昔の北浦を眺めながら、確か水原のあたりだろうか、「かんぽの宿」に着いた。やれやれと思って入って行った。案内にはなくて、フロントに聞くと、???だった。「アゼリア会でしたら、もう皆さん帰られました」もぬけの殻だった。誰もいなくて呆然とした。
途方に暮れて、弟を呼んだ。仕事中に駆けつけてくれた。実家に寄って「ふなっしー」を分け、姉のところに行って「ふなっしー」を分け、泊めてもらった。
あれは人生の一つの記念碑だった。
昨年はアゼリア会が潮来ホテルで行われた。朝の散歩に出た北利根川には釣りをしている人がいた。ブラックバスを釣っていると言っていた。鮒やコイはもういなくなってしまったのだろうか。お昼はドライブイン鴇田だった。帰りは潮来駅で待ち時間が長かった。後で送ってもらった写真を見て愕然とした。これが自分なのか。
今年は風邪をひいて、欠席の連絡をしていたが、出てみようと思って幹事のTさんに電話した。奥様が出て「主人は今散歩に出ていて、8時半頃には戻ります。出られると、皆さん喜びますよ」と言ってくれた。
最近は秋雨前線の影響で、はっきりしない天気が続いている。気温も下がってきた。
朝の内に囲碁クラブに入りお土産を用意してもらった。ブログ用の写真も撮ってもらい出かけた。成田エアポートで成田まで、だいぶ時間があるので駅そばを食べた。待合室からTさんに電話した。またも奥様が出て、「主人はかんぽの宿に行って、皆様を迎えています。楽しんできてください」とやさしく教えてくれた。
沿線の田圃はほとんど刈り取りが終わり、青々と羊っぽが伸びていた。成田辺りには少し奥手の稲が残っていた。利根川を渡ると薄っすらと筑波山が見えた。十二橋、潮来、延方と見慣れた佇まい。一人無人駅を降り、タクシーに乗った。運転手は地元の人で話が合った。宿の簡保の宿につくと、フロントの人が案内してくれた。
部屋が決まっていて、なんだかんだと雑談を交わした。幹事さんに「皆さんに配ってください」と「7路盤」と「囲碁入門」を渡した。喜んでいる人もいた。遅くまで対局したと話してくれた人もいたそうだ。
傘寿を期してアゼリア会を解散したい、そんな意見が大勢を占めているようだった。宴会では豪華なご馳走が出た。幹事さんのご指名で、乾杯の音頭をとらせていただいた。
宴会が終わり部屋に落ち着いたが、そこから酒宴が始まった。級友たちの話、それぞれの今までの人生。話は尽きなかった。
夜遅くまで何時位になっていただろうか。警備員が来た。
「隣の方がうるさいので静かにするように言ってきましたので、よろしくお願いします」
それからそろそろお開きにしましょうとなった。
Tさんと部屋に帰り、また話し合った。今までの人生を振り返って、いろいろと知らなかった物語を聞いた。彼の人生も順調ではなかったようだ。地元の高校に入らなかった彼は東京に出て大学に入っていたお兄さんとアパートで生活することになったそうだ。高校に入って猛勉強、大学に入りESS部に入り、アメリカに留学、アメリカの企業で働いていた。伊勢丹で働いていた女性と結婚し、アメリカで生活していた。日本に帰り田舎で英語塾を開いた。流暢な彼の英語は評判だったそうだ。今ではそれもやめて、悠々自適の生活を送っている。
彼はいつまでも話し続けた。いつ寝付いたのかわからなかった。
気が付くと窓の外は明るかった。朝になっていた。
お風呂から北浦が見えた。おおきなお風呂だ。いい眺めだ。ゆっくり入ることが出来た。大きなお風呂を独り占めだった。
お昼がお別れの昼食会となった。幹事のTさんが挨拶をした。私の前にはお刺身お膳が出た。美味しく全部いただいた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事