○●○ みんなで囲碁入門 ○●○対象 :これから囲碁を覚えたい方、少し知っている方○●○内容 :囲碁のルール、簡単な詰碁、九路盤で実際に対局してみる○●○ 場所:津田沼囲碁クラブ(JR津田沼駅南口、モリシア・レストラン棟7F●○#igo #囲碁 #名人戦 #棋聖戦 #本因坊戦 #アルファ碁 #囲碁未来 #週刊碁

2016年11月24日 19:30

○●○ みんなで囲碁入門 ○●○(2016.11.29.30)
場所:津田沼囲碁クラブ(JR津田沼駅南口、モリシア・レストラン棟7F
会費 :無料
定員:各20名
 対象 :これから囲碁を覚えたい方、少し知っている方
 内容 :囲碁のルール、簡単な詰碁、九路盤で実際に対局してみる
○日時 :平成28年11月29日(火)午前10時~11時半
 講師 : 囲碁教室講師 須藤真理子先生
○日時 :平成28年11月30日(水)午前10時~11時半
 講師 : 囲碁教室講師 入江 信先生
申込み先:日本棋院津田沼支部
      〒275-0026 習志野市谷津1-16-1モリシア・レストラン7F
      TEL.047-475-5255 FAX.047-475-528920161124009.jpg
入江先生のお好み囲碁教室です。
20161124008.jpg
堀江先生の木曜ジュニア囲碁教室です。
20161124003.jpg
神田先生の基礎囲碁教室です。
20161124007.jpg
土屋先生の中級囲碁教室です。
20161124004.jpg
山下千文先生のNHK囲碁オープンスクールです。

      忘年囲碁大会
   参加者募集中!
日時:平成28年11月27日(日)午後1時から
試合:○ チャンピオン戦 (無差別 総互先 先番6目半コミダシ)
   ○ 点数制 (普段対局している対局方法です)
賞:● 優勝 準優勝 敢闘賞 参加賞
  ● 原則として、8人で対局し、約半数が入賞します
○● 2敗すると失格しますが、一般対局が出来ます
◎ 入賞者は段位免状申請可
会費:2000円 (昼食は出ません)
定員:80名

初雪でした。起きてみると雪が降っている。芝生の上はうっすらと白くなっている。空は灰色で休みなく雪が舞っている。これだけの雪をどんどんと供給している空はすごい能力を持っているのだろう。水分と冷却と、落ちてくるのはニュートンが発見した引力によってなのだろう。11月に降ったのは54年ぶりだとか。都心では観測史上初だそうだ。こんこんと降る雪は大粒になったり小粒になったり。横殴りに降るのは風が吹いているのだろう。木の上にも積もっている。葉っぱの上にはふんわりと積もっている。葉っぱが落ちてしまった木にはなかなか積もりにくいようだ。紅葉が始まっていて紅葉の上にも降り積もっている。雪の重みで落ちてしまうのもあるのだろう。
道はシャーベットになっている。長靴もないので普段履いている靴で出かけたが、そのうち浸み込んでくるのだろう。まあ仕方ない。脇を通る車のところは溶けている。車が来ないときはそちらの方が歩きやすいようだ。道行く人たちは厚着の服装だ。ダウンジャケットの人も多い。こちらは普段のジャンパーだが、そんなに寒いとも思わない。歩道橋の階段は、まあじゃぶじゃぶの氷というか、シャーベットが厚く滑らないか心配しながら、抜き足差し足だ。歩道橋の上はよく積もっている。地面の上と違って溶けていない。歩道橋や橋の上は要注意だ。
電車はこの雪でも通常運転のようだ。通勤の人たちは大変だったかもしれない。私が出かけた昼頃は人出は少なかった。駅近のカットサービスはいつもは待っているお客が多いのだが、「さあどうぞ!」と待ちなしで直ぐにやってくれた。ラッキーでした。
さてどうするか?と思いながら千葉工大前に来たら、ちょうど昼時になっていた。守衛室には守衛さんはいなかった。降り積もる雪の対策をしていたようだ。校内の紅葉も始まっているが、雪は降り注いでいる。コントラストもなかなかいい。昼時で学生たちもどんどん出てきて歩いている。
久しぶりで学食に入った。暖かい。若い学生たちのわーんという人息れ。元気な話し声。活気に満ちている。つられてしまったのか、スペシャルランチにした。450円なり。ボリュームたっぷりだ。まあ、慌てることはない。ゆっくりとたいらげた。外に出ると木立の下はなぜか雪がない。木の上の葉に積もっているのか。木の温かさで溶けてしまったのか。
キャンパスを出ると道路は相変わらずシャーベットの雪だ。道路を横断し、モリシアへ。警備員さんに挨拶して津田沼囲碁クラブへ。いつもよりは幾分少ないか、と思われた。雪なので仕方ない。お出かけが億劫になった方もいるのだろう。昼過ぎても雪は降りやまない。
文化ホールは船橋東高校の演奏会のようだ。誰かさんの後輩たちの演奏会で、長蛇の列が続いている。Tさんに言うと、「そうなんです。この間なん十年かぶりで、同窓会に出ました」と同窓会での噂話のことも教えてくれた。
今日はなんといっても「DEEPZENGO」対趙治勲名誉名人の対戦のことが話題になりました。NHKのY先生は「ZENは強いですね。趙先生が勝ってよかったですね」とにっこりしていました。Oさんは「やっぱりZENは少し変なところがありますね」Tさんは「ZENの製作者が、ZENが終盤に変な手を打ち出したので、投了にしたようです」と話していました。雪が止んだのは午後4時ごろでしたか。帰る人たちは「雪はどうなっているのか?」と心配していました。
夕方の一番の関心事は大相撲九州場所でした。みんな白鵬、鶴龍を破った稀勢の里の活躍に期待している。稀勢の里対日馬富士。稀勢の里応援のファンたちで、テレビの前はいっぱいでした。稀勢の里が強かった。Sさんは「相撲協会の八角理事長に手紙を書いたよ」と言っていました。「中身は?想像に任せるよ」と言っていました。
稀勢の里が横綱を3連破したことは、まあ54年ぶりの雪の日に記念すべき出来事となるでしょう。
帰りは路の上の雪が溶けていた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事