○●○ みんなで囲碁入門 ○●○(2017.3.29.30.31)参加者募集中:津田沼囲碁クラブ(JR津田沼駅南口、モリシア・レストラン棟7F会費 :無料定員:各50名 #igo #碁 #日本棋院 #ZEN #アルファ碁 #マスター

2017年03月26日 17:56

○●○ みんなで囲碁入門 ○●○(2017.3.29.30.31)参加者募集中!
場所:津田沼囲碁クラブ(JR津田沼駅南口、モリシア・レストラン棟7F
会費 :無料
定員:各50名
 対象 :これから囲碁を覚えたい方、少し知っている方
 内容 :囲碁のルール、簡単な詰碁、九路盤で実際に対局してみる
○日時 :平成29年3月29日(水)午前10時~11時半
 講師 : 囲碁教室講師 入江 信先生
○日時 :平成29年3月30日(木)午前10時~11時半
 講師 : 囲碁教室講師 神田光男先生
○日時 :平成29年3月31日(金)午前10時~11時半
 講師 : 囲碁教室講師 川上文子先生
○日時 :平成29年3月31日(金)午後18時30分~20時
 講師 : 囲碁教室講師 入江 信先生先生
申込み先:日本棋院津田沼支部
      〒275-0026 習志野市谷津1-16-1モリシア・レストラン7F
      TEL.047-475-5255 FAX.047-475-5289
20170326006.jpg
春季囲碁大会は45名の参加でした。埼玉、神奈川、東京からも参加者がありました。春休みのお孫さんとのお付き合いもあったのでしょうか。千葉県知事選挙の投票日でもありました。参加者が少なかったようです。大会の成績は「伝言板」、チャンピオン戦の棋譜は「棋譜の間」をごらんください。大会の写真は後日になりますが、「写真の間」をごらんください。
20170326004.jpg
神田先生の少年少女囲碁教室です。
20170309EVH3月末入門
20170320アマ名
○●第12回朝日アマ囲碁名人戦(主催 朝日新聞社、日本棋院)千葉県大会の案内○●
◎地区大会 
千葉 4月2日(日)午前10時から、千葉市中央区新町3の7
    囲碁サロン千葉中央(電話043・245・1436)
木更津 4月9日(日)午前10時半から、木更津市東中央1の1の13                                    
    日本棋院木更津支部(電話0438・25・7415)
津田沼 4月16日(日)午前10時から、習志野市谷津1の16の1 
    津田沼囲碁クラブ(電話047・475・5255)
茂原 4月16日(日)午前9時半から、茂原市茂原382 茂原囲碁クラブ(電話0475・20・4115)
松戸 4月23日(日)午前10時から、松戸市根本471 
    松戸囲碁会館(電話047・368・1930)
◎県大会 5月7日(日)午前10時から、千葉市の囲碁サロン千葉中央で。各地区代表15名と昨年の優勝者が出場予定。
◇参加資格 県内在住または勤務のアマチュア。他県との重複出場はできません。
◇参加料 1500円を当日会場で。県大会は無料。昼食は各自用意。
◇県4位までにブック盾、優勝者にトロフィー。優勝者は「千葉県朝日アマ囲碁名人」として、7月1日(土)、2日(日)に東京都千代田区の日本棋院会館で開かれる全国大会に出場する。
◇申し込み 各地区大会の1週間前までに、電話で各地区の連絡先へ。

稀勢の里が優勝した。津田沼囲碁クラブでも相撲人気は上がってきている。国内出身の横綱力士がしばらくの間出なかった。
「日本相撲協会でなく、モンゴル相撲協会名前を変えたらいいよ」「横綱は横綱相撲を取らなくっちゃあねえ」「日本人力士も強くなってきたね。筆頭は稀勢の里だが、ここ一番の時、勝てないんだよ」
などと言っていたファンたちも、稀勢の里が優勝して横綱になってからは、だいぶ変わってきた。大相撲が始まると、テレビの前は人が集まるようになった。最近では囲碁の解説者よりも、相撲の解説者が多くなったようだ。懸賞の本数を数えるプロがいて、「一本6万円だから一回り14本で4回回ったから56本、その半分は本人に入る、残りは協会が年金などに充てるので天引きする」などと解説している。
春場所千秋楽にはテレビ前の観戦者は立錐の余地がないほどいっぱいだった。離れていてもボリュームを上げているからどんな様子か判る程だった。日馬富士に飛ばされて、救急車で運ばれ手当てを受けて、稽古もできなかったのだろうか。前日は痛々しい絆創膏を張って出場したが、電車道で負けてしまった。大方の評判では、照ノ富士の優勝と予想していたようだ。ところが千秋楽に奇跡が起こった。大一番の対照ノ富士戦。
「神ってる!」が起こったのだ。決まり手は「突き落とし」、稀勢の里が照ノ富士を破ってしまった。13勝2敗の同率。
土壇場で優勝決定戦となった。取り直し、よく言われるプレーオフだ。右小手投げで破り、まさに逆転優勝だった。真実は小説よりも奇なり!どこかで聞いたような言葉だ。ドラマチックな展開をした大相撲に引き寄せられてしまう。視聴率も高かったようだ。私も囲碁大会の集計整理記録に追われていたが、喫茶コーナー前の大騒ぎに、聞き耳を立ててしまった。なんでも新横綱の優勝は1995年初場所の貴乃花以来22年ぶりで8人目だそうだ。直接対決で本割、決定戦とも勝っての逆転優勝は2002年初場所の栃東以来。弟弟子の高安が12勝3敗で殊勲賞でした。涙を浮かべての賜杯受賞は感動的でした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事