水無月囲碁大会○●日時:平成29年66月11日(日)午後1時から試合:○ チャンピオン戦 (無差別 総互先 先番6目半コミダシ)○ 点数制 (普段対局している対局方法です)○●賞:● 優勝 準優勝 敢闘賞 参加賞● 原則として、8人で対局し、約半数が入賞します参加者募集中! #igo #碁 #日本棋院 #ZEN #アルファ碁 #マスター #AI #囲碁未来 参加者募集中!

2017年06月10日 11:59

20170606水無月
    水無月囲碁大会
   参加者募集中!
日時:平成29年66月11日(日)午後1時から
試合:○ チャンピオン戦 (無差別 総互先 先番6目半コミダシ)
   ○ 点数制 (普段対局している対局方法です)
賞:● 優勝 準優勝 敢闘賞 参加賞
  ● 原則として、8人で対局し、約半数が入賞します
○● 2敗すると失格しますが、一般対局が出来ます
◎ 入賞者は段位免状申請可
会費:2000円 (昼食は出ません)
定員:80名
20170610005.jpg
Sさんからいただきました紫陽花です。
20170610004.jpg
松村先生の囲碁未来教室です。
20170610003.jpg
月川先生の中級囲碁教室です。
20170610002.jpg
堀江先生のジュニア囲碁教室です。

今日(6月10日)の東京新聞の「東京どんぶらこ」は番町(千代田区)。番町の地名は江戸初期、城西警備の旗本大番組が住んだのが由来だそうです。一番から六番町まである。明治から昭和にかけて、藤村、独歩、荷風、実篤、滝廉太郎、菊池寛、佐藤春夫、里見弴、与謝野鉄幹、晶子など数知れない文人が住んだそうです。一番町には日本棋院があり、大きく紹介されている。お散歩スケッチは柴崎朋実氏です。土、日のジュニアスクールは特に盛況と紹介されている。津田沼も紹介してもらいたいと思ったが、まあちょっと無理な相談かもしれない。

朝日新聞(6月10日夕刊)の一面に、宮嶋加菜子さんの記事で、囲碁六冠・井山裕太さんの談話が載っていた。5歳で囲碁を始めたきっかけは、お父さんが買ってきたテレビゲームだったそうです。囲碁のテレビ番組に出演して石井邦生九段に声をかけられて、教えてもらうことになり、自宅と師匠の家は離れているので、ネットで1千局以上も教わり、対局後に電話で講評を聞いたそうです。井山裕太六冠は平成元年の生まれ、史上最年少名人、史上初の七冠独占などの記録を打ち立て、天才棋士と呼ばれる。体操の内村航平、テニスの錦織圭選手が同じ年に生まれで、刺激を受けていると語っています。

天皇陛下の退位を実現する特例法が9日成立して、「平成」がほどなく終わりを迎えることになり、特集記事が組まれたようです。昭和天皇は昭和の最後の1月7日にお亡くなりになりました。私の父は平成の初めの日、平成元年1月8日に亡くなりました。今日は平成29年6月10日。天安門事件、ベルリンの壁崩壊、阪神大震災、東日本大震災、集団的自衛権閣議決定、安保法成立、退位特例法成立。日本の歴史はこれからどうなるのでしょうか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事