FC2ブログ

○●○ みんなで囲碁入門 ○●○(2018.3.29.30.31)参加者募集中!場所:津田沼囲碁クラブ(JR津田沼駅南口、モリシア・レストラン棟7F会費 :無料定員:各15名#igo #碁 #日本棋院 #ZEN #アルファ碁 #マスター #AI #囲碁未来 #藤井聡太#囲碁 #将棋 #伝統文化 #ツイッター#ドイツ#永世七冠#囲碁と悪女#どん底名人#LG杯#菊ちゃん#棋聖戦#名人戦#本因坊戦#オリンピック#国民栄誉賞#フィギュアースケート#碁だね!

2018年03月19日 19:44

春季横
     春季囲碁大会
   参加者募集中!
日時:平成30年3月25(日)午後1時から
試合:○ チャンピオン戦 (無差別 総互先 先番6目半コミダシ)
   ○ 点数制 (普段対局している対局方法です)
賞:● 優勝 準優勝 敢闘賞 参加賞
  ● 原則として、8人で対局し、約半数が入賞します
○● 2敗すると失格しますが、一般対局が出来ます
◎ 入賞者は段位免状申請可
会費:2000円 (昼食は出ません)
定員:80名
20180306201803EVH.png
○●○ みんなで囲碁入門 ○●○(2018.3.29.30.31)参加者募集中!
場所:津田沼囲碁クラブ(JR津田沼駅南口、モリシア・レストラン棟7F
会費 :無料
定員:各15名
 対象 :これから囲碁を覚えたい方、少し知っている方
 内容 :囲碁のルール、簡単な詰碁、九路盤で実際に対局してみる
○日時 :平成30年3月29日(木)午前10時~11時半
 講師 : 囲碁教室講師 入江 信先生
○日時 :平成30年3月30日(金)午前10時~11時半
 講師 : 囲碁教室講師 川上文子先生
○日時 :平成30年3月30日(金)午後6時半~8時
 講師 : 囲碁教室講師 入江 信先生
○日時 :平成30年3月31日(土)午前10時~11時半
 講師 : 囲碁教室講師 阪谷太郎先生

申込み先:日本棋院津田沼支部
      〒275-0026 習志野市谷津1-16-1モリシア・レストラン7F
      TEL.047-475-5255 FAX.047-475-5289
20180319005.jpg
堀江先生の月曜ジュニア囲碁教室です。
20180319006.jpg
入江先生の初級囲碁教室です。
20180319004.jpg
李青海七段の実力養成囲碁教室です。
20180319002.jpg
入江先生の囲碁未来教室です。
20180319001.jpg
馬先生の中級囲碁教室です。

週刊碁3月26日号には「地域のファンと共に」~電通大100周年記念大会~が載っていた。開学100周年とは1世紀のことではないか。日本棋院津田沼支部の幹事さんになってもらっている酒井田さん、菊池さんは電通大のOBだ。すっかりお世話になっている。1世紀に亘って日本の先端技術をになって来た。囲碁でも囲碁AIの開発などでは、大事な役割をされている。記念の囲碁大会をひらき60名が参加して、盛り上がったと報じられた。記念写真には菊池さんが格好良く写っていた。いい感じですね。

19日、ワールド碁チャンピオンシップ2018の決勝戦が行われた。国内七冠の井山裕太(28)と前年度優勝の韓国、朴廷桓(25)が対戦した。世界最強とされる朴廷桓が白番128手で中押し勝ちした。連勝した朴廷桓は「強豪ばかりだったので挑戦するつもりで戦ったが幸いした」と優勝の喜びを語った。「形勢判断」では43手を打った井山が優勢と出たが、それ以外は白番の朴廷桓が優勢と出ていた。解説の一力遼八段は「白44,46の連打が、朴廷桓九段の冷静な好手だった。62からの打ち回しも巧みだった」と話した。持ち時間は3時間、優勝賞金は2000万円、日本、中国、韓国、台湾のトップ棋士6人によるトーナメント戦でした。井山七冠は今年2月の韓国LG杯決勝に続き今大会でも決勝に進出したが、世界一は逃した。悲願の世界制覇を達成できなかった井山は「朴九段は世界トップグループでも頭一つ抜けた存在。次の世界戦に向けてレベルアップし、壁を乗り越えたい」と語った。
私は消費税の申告で朝から出かけていた。申告の途中で、税務署からの中間納付のはがきを忘れていたことに気が付いて家に帰り見つけて、再び申告し、終わったのが3時ごろだった。海老川の桜はどうかと見に行ったが、まだ開花していなかった。おそらく今週末には開花するでしょう。コブシやモクレンそれに河津桜は咲いていた。梅も咲いていた。名前はわからなかったが、小さい花の桜も咲いていた。海老川にはカワウが泳いでいた。コガモもいた。カイツブリもいて、潜っては、とんでのないところに顔を出したりして、愛嬌がある。市場を抜けて、船橋市街を通り、東武デパートを抜け船橋駅まで出た。快速で津田沼まで。途中でワールド碁チャンピオンシップ2018の決勝戦を見ていた。津田沼囲碁クラブに帰って間もなく「朴九段、中押し勝ち」が出た。パソコンの前には大原さんや藤原さんがいて、検討していた。みんな井山の優勝を待っていたのだ。まったく残念だった。やはり日本が優勝してもらいたい。それが囲碁の普及に一番の薬だ。そう思った。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事